見積りを依頼する

お花見

大阪というと、やはり笑いの文化の中心地という印象が、全国的にも共通の認識として、だれもが持っているものになるのです。
そのことは、やはり正しいことで、繁華街でも、どこかで笑い声がたくさん聞こえる、とても活気のある地域になるのです。
その大阪の繁華街でも、ミナミと呼ばれる地域の中心地である難波は、まさしくその笑いの中心地となっている場所なのです。
元々歌舞伎を見せる芝居小屋があったのですが、特に戦後になって、漫才などを見せる劇場なども多く存在するようになり、まさしく笑いの中心となったのです。
こういった背景を受けて、ミナミでも特に難波は、町中笑いに満ち溢れた、まさしく笑い文化の中心地として、とても繁栄している場所なのです。

もともと難波は難波村という地域だったのですが、明治以降に大阪市に組み込まれて、南部の中心地となってきたのです。
その後、戦災を受けて、大きく損害を受けていったのですが、戦後復旧の流れで、再開発が進み、大きく復興していったのです。
その後平成時代になり、再開発地域として、東京から商業ビルが進出してきたり、旧球場跡を、映画館やビジネス街と一体化した商業施設もできていたのです。
それに合わせて、老舗の大型百貨店が増床を行い、さらなる主客力をつけましたし、周辺の地下街や商店街も、これに合わせるように、魅力的な店舗として、生まれ変わってきたのです。
このように難波は、笑いの中心地だけではなく、商業の中心として、多くの客を日中や夜間を問わず集めている地域なのです。